[metaslider id=96]
医師の転職

記事がありません

医師が転職をするということ

-shared-img-thumb-OZP73_komattasensei20140321_TP_V

医師はどのように転職をするのか。意外と知られていない医師の転職事情について説明しています。

医師の転職というものはスポーツ選手が他のチームに移籍することに似ています。スポーツ選手がなぜ代理人を立てて移籍交渉するのかというと、選手は試合や練習に集中し、ビジネス面は交渉のプロに任せて分業した方が効率が良いからです。またスポーツ選手には多くの移籍金がかかります。選手が移籍することで元の所属先や移籍先に与える影響はかなり大きいと言えます。そのためにもそれに見合う条件での契約や移籍金を代理人が交渉してくるのです。

医師転職の代理人もこれに近いです。医師は自分で転職先をリサーチして自分で応募して面接を受け、そして職場の教授に辞意を伝えるまでの一通りの流れを医師本人一人がするわけではありません。医師転職サイトに登録することによって担当コンサルタントに任せて、スポーツ選手と同様に細かいディテールを詰めていくことになります。従来は医師同士のコネクションによって直接交渉して転職することが一般的で、今でも7割近い医師がその形で転職をしていますが、近年は自分の希望する医療機関に自主的に移籍するために医師転職サイトを利用する人が増えてきています。

医師の世界は非常に狭いと言われています。同じ大学の医学部出身の医師が他の医局で勤めていたり、教授や先輩・後輩、研修で一緒だった同期などと別の職場や学会でよく一緒になる機会があります。医師同士の情報は知られやすいという環境の下で働いており、医師は転職の際にそういった人とのコネクションによって転職することが一般的だったのです。

未だに医師転職サイトを利用して転職する医師が少ない理由としては、まだ医師転職サイトを利用して転職するということが医師の間でも浸透しておらず、医師の世界でも転職サイトへの信頼度がまだまだ少ないということがあります。医師は非常に重大な個人情報を抱えており、転職サイトに登録の際には求職者の情報としてそういったものも同時に登録する必要があります。その点に関して抵抗を感じる医師がまだまだ多いため医師転職サイトの利用者があまり広がっていないようです。
しかし近年その利用者の数は増加傾向にあり、実績と信頼度を増してきていることは事実です。医師転職のほとんどが医師転職サイトを利用するといったような流れにはならないかもしれませんが、今後利用者はより増えていき、半数近くの医師がサイトを利用して自ら求人案件を探すようになる日も来るかもしれません。

★医療と幹細胞化粧品
女性医師なら幹細胞化粧品のアンチエイジング効果の高さについて認知していることでしょう。
現在女性たちに人気の幹細胞化粧品ですが、医学に関する専門的知識の強い医師が扱えば、単に市販で並べるよりも多くの売り上げを望むことができるでしょう。
美容外科に勤める女性医師ならばこの幹細胞化粧品を女性に勧めることができますし、最新の医学情報についても精通していますね。
利用者側としても美容外科などでケアを行ってもらった後に、どれがもっとも効果があるか、専門的な話を聞いて選ぶと良いでしょう。

幹細胞化粧品で美容に磨きをかけましょう